獣医で、やる気のある方大募集


by tqh4yqjgxw

<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 戦後を代表する写真家、林忠彦(1918〜90年)の精神を受け継ぐ作品に贈る09年の林忠彦賞(山口県周南市文化振興財団主催)に、岩手県遠野市の写真家、小栗昌子さん(37)の「トオヌップ」が決まった。財団が4日、発表した。

 小栗さんは名古屋市出身。遠野の自然や風土などに魅せられて99年に移住、人々の暮らしを撮り続けている。

 トオヌップは、遠野という地名の由来とされるアイヌ語で、湖のある丘や原野を意味する。

<警察庁>美容外科から情報提供協定…整形逃亡事件受け(毎日新聞)
公認会計士の深刻就職難 合格者700人あぶれる(J-CASTニュース)
パトカー追跡中の乗用車がひき逃げ 東大阪(産経新聞)
予防接種法「遅くても5年で抜本改正」−足立政務官(医療介護CBニュース)
鳩山首相、協議機関「全党協力に期待」=企業献金禁止、今国会で結論を(時事通信)
[PR]
by tqh4yqjgxw | 2010-03-07 17:27
 JR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で起訴されたJR西日本前社長、山崎正夫被告(66)の第1回公判前整理手続きが5日、神戸地裁(岡田信裁判長)で行われた。

 非公開で行われ、地裁や関係者によると、起訴状に関する求釈明と検察官の回答などが行われ、起訴状の認否を明らかにするところまでは進まなかったという。山崎被告側はこれまで「事故の発生を予測できなかった」として、一貫して無罪を主張する方針を示しており、今後も同様の主張をしていくとみられる。

 第2回は4月22日に開かれるが、関係者は「事故の規模も大きく、記録も膨大。初公判までは少なくとも半年はかかる見通し」としている。

 山崎被告は、現場を急カーブに付け替えた平成8年当時、鉄道本部長として安全対策を一任されていたにもかかわらず、自動列車停止装置(ATS)の設置など適切な安全対策を怠り、列車を走行させた過失があったとして昨年7月、神戸地検に業務上過失致死傷罪で在宅起訴された。

 同地検が嫌疑不十分で不起訴とした井手正敬元相談役(74)ら歴代3社長については、遺族らの申し立てを受けた神戸第1検察審査会が第2段階の審査を行っており、近く最終的な判断が下される見込み。

【関連記事】
追悼のろうそく1762本 JR脱線事故から5年
命の尊さ知る1762日 JR福知山線脱線事故負傷男性がイベント
社風改善でモデル職場 JR西が漏洩再発防止策 
高まる検察審査会の存在感 JR西歴代3社長はどうなる?
「資料あれば報告書変わった」福知山線脱線で元事故調委員

石井議員のチベット発言、島根知事「県民に失礼」(読売新聞)
北海道・根室で30センチの第一波観測(産経新聞)
<北教組事件>小林議員が陳謝 会計責任者など4人逮捕で(毎日新聞)
参政権法案、今国会は困難=「提出するなら連立解消を」−亀井氏(時事通信)
少年グループの抗争で23歳男ら逮捕 互いに報復繰り返す(産経新聞)
[PR]
by tqh4yqjgxw | 2010-03-06 00:45
 3日午後8時40分頃、兵庫県の山陽新幹線の新神戸―西明石間を走行中の博多発東京行き「のぞみ56号」(16両)の車掌から、「12号車が焦げ臭く、煙が充満している」と東京指令所に通報があった。

 この列車は新神戸駅に停車、12号車の乗客30―40人は他の車両へ移るように誘導した。神戸市消防局などが12号車の床下の機器を点検しているという。

 JR西日本によると、この列車は最新型車両「N700系」で運行。点検で異状がなければ新大阪駅まで運行し、車両を取り換える。

 同消防局によると、駆け付けた消防隊員が12号車の車輪付近から大量に油が漏れているのを確認。車内に煙は見えず、火が出た形跡もなかったが、焦げ臭かったという。 

大津波警報を津波警報に引き下げ 気象庁(産経新聞)
<雑記帳>スピードの加藤選手の母校 センバツに初出場(毎日新聞)
土居太鼓祭り
新型フル検出する研究用試薬を発売―アルフレッサファーマ(医療介護CBニュース)
<訃報>中村昇さん65歳=元京セラ会長(毎日新聞)
[PR]
by tqh4yqjgxw | 2010-03-04 05:30
 ソニー・コンピュータエンタテイメントは2日、同社のゲーム機「プレイステーション3」(PS3)の新型を除く機種の時計機能に障害が発生していると発表した。

 同日中に修正の見通しだが、一部データが回復できなくなる可能性があり、該当する機種の使用自粛を呼びかけている。

 同社の発表によると、PS3の本体の日付が2000/01/01になってしまったり、ゲーム起動時に「トロフィー情報の登録に失敗しました」とエラー表示が出たりするなどの障害が起きているという。

<地震>山口県で震度4=午前11時50分ごろ(毎日新聞)
雑記帳 しょっつるパン発売 秋田(毎日新聞)
<五輪フィギュア>チケット価格20倍超 ダフ屋横行(毎日新聞)
<JR東海>架線切れ事故で再発防止策 常務ら処分(毎日新聞)
大津波・津波警報 根室市 避難指示の住民ら高台に避難(毎日新聞)
[PR]
by tqh4yqjgxw | 2010-03-02 22:53
 鳥取県米子市で昨年2月、会計事務所社長石谷英夫さん=当時(82)=ら2人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われた元部下の影山博司被告(55)の裁判員裁判の第4回公判が26日、鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)で開かれた。検察側は無期懲役を求刑する見通し。
 この日は3回目の被告人質問を実施。検察側の論告求刑、遺族の量刑意見、弁護側の最終弁論を経て結審する。午後から裁判員6人と裁判官3人が非公開で評議し、判決は3月2日の予定。
 検察当局はこれまで、複数が殺害された強盗殺人事件の判例を検討。影山被告について、死刑求刑の回避理由があると結論付けた。一方で、法定刑を下回る有期懲役に減刑する事情はないとし、無期懲役の求刑が妥当と判断したもようだ。
 公判は強盗目的で2人を殺害したかが争点。検察側は、石谷さんへの恨みに加え、石谷さんの預金を得て事務所の資金に充てた自分の借金を返済する目的があったと主張した。
 影山被告は「2人への不信から追い詰められ、逃れたい一心でやった」と述べ、預金引き出しは殺害後に考えたとした。 

参院選、小坂氏ら6人公認=自民(時事通信)
<都立広尾病院>USBメモリー紛失 患者138人分(毎日新聞)
シー・シェパード妨害 第2昭南丸、横浜で見分へ 侵入船長、傷害容疑も視野(産経新聞)
囲碁 張が棋聖位獲得でグランドスラム(産経新聞)
<劇団>「ふるさときゃらばん」経営破綻 負債6億円(毎日新聞)
[PR]
by tqh4yqjgxw | 2010-03-01 17:35